横濱市民酒場グルリと
―はま太郎の横濱下町散策バイブル―


定価:1500円+税

判型:A5判並製

頁数:200ページ

ISBN 978-4990845919

刊行日:2015年12月15日





「市民酒場」とは横浜にだけ存在する昭和初期に結成された「市民酒場組合」という飲食店組合所属店のこと。

これまで、所属店のうち現在も市内に残っているのは看板や暖簾に「市民酒場」と記されている3店舗と言われてきました。

しかし、実は横浜市内にまだ3店舗以上存在することが判明。はま太郎編集部は2013年から市民酒場組合所属店の取材を重ね、横浜にしか存在しない本物のレトロ酒場「市民酒場」の酒肴と歴史を巡ってきました。

本書は、定期刊行版『はま太郎』の連載「市民酒場を語る」を再編集し、新たな店舗取材も行い、書下ろし記事も追加した豪華バージョンです。

横濱市民酒場グルリと

¥1,650価格
  • 市民酒場を育てた横濱下町の魅力については、山崎洋子さん(江戸川乱歩賞作家)・大谷能生さん(音楽家)、森日出夫さん(写真家)、金原亭馬治さん(落語家)、ホッピー仙人(カリスマ店主)、森直実さん(美術家・『ハマ野毛』編集人)、北園修さん(クリエイティブディレクター・コピーライター)、渋谷正一さん(Vシネマ監督)、郷家けゐ子さん(横浜ハシゴ酒マイスター)、在華坊さん(人気ブロガー)ら、地元在住の個性派がエッセイや写真で紹介。

    その他企画色々。

    1冊持って歩けば、昼飯から散歩、晩酌まで楽しめる。本当の横濱を愛する人、知りたい人に届けたい珠玉の1冊です!!!

© 2013-2019  SEIYOSHA

  • Instagram
  • facebook
  • Twitter Clean