めご太郎第二巻 

  • 単行本(ソフトカバー)
  • 出版社: 星羊社 (2019/12/15)
  • ISBN 978-4-909991-01-0
  • A5判・192頁・カラー

 

クリックポストにて発送。

 

帰省するつもりで訪れる青森県
「観光より一歩先の旅」をテーマに2017年に刊行した青森地域情報誌『めご太郎』がパワーアップして帰ってきた!
横浜のふたり出版社「星羊社」(編集部員ひとりは青森出身)が県外の人にも帰省するような心持ちで青森を訪れてほしいという思いでつくりました。
本巻は青森市だけでなく、弘前市、八戸市と県内取材エリアをひろげて、酒場、暗渠、喫茶店、遊廓など、多角的視点で街の魅力を掘り下げていきます。
ありふれた観光ガイドブックだけでは満足できない人に贈る一冊です。

内容
◆北国湊町の物語
・歴史検証企画湊町の賑いと花街の記憶―八戸・小中野遊廓を歩く―
・エッセイ「小中野育ち」大谷能生(音楽批評家)八戸は小中野出身の筆者が綴る
・「青森駅前、戦後飲み屋史に酔う」フリート横田(文筆家・路地徘徊家)

◆夜の街を歩けば…小粋な小料理屋から洒脱なBARまで
・夕べはあずましいカウンターで ~心地よいカウンター酒~
・弾き語り巡業でめぐりあうスーマー(『深夜食堂』劇中音楽担当)

◆一杯のコーヒーを飲みながら
・『マロンパピエ』編集人が綴る「マロンパピエ編集秘話」
・個人経営の喫茶店が多い青森県

◆南陀楼綾繁「今純三の余韻を求めて」
「ひと箱古本市」の発起人。編集者でライターの筆者。全国の書店・古書店を歩き尽くしたマエストロが青森市を行脚。

◆青森アンソロジー地元を離れたからこそ見えた景色
一戸実(漫画家・ひと箱古書店レインボーブックス店主)/月永理絵( 編集者・ライター)/木村イオリ(音楽家・bohemianvoodooピアニスト)/オラシオ(コラムニスト)

◆水辺の文化史
・暗渠マニアックスの「あおもり暗渠散歩」
・土淵川のほとりで生まれた伝統玩具
・グラフ青森・下池社長の温泉コラム
・浅虫という桃源郷

ほか企画いろいろ

めご太郎第二巻

¥1,650価格

    © 2013-2020  SEIYOSHA

    • Instagram
    • facebook
    • Twitter Clean