横浜民衆文化誌「はま太郎」第8号。
A5変型・並製・60P・800円(税込)
送料:全国一律164円
【2000円以上お買い上げで送料無料!】

はま太郎 第8号

¥800価格
  • 酒のツマミになる横浜民衆文化誌、艶やかな第8号!

    明治から発達し、昭和50年代頃まで存在した横浜の花街にスポットを当てた一冊。

    連載企画「市民酒場を語る」では、芸者や船乗り、演歌師も訪れた昭和2年創業の市民酒場へ。
    「ヨコハマ理想郷譚」では、あの「阿部定」の視点を通して横浜の芸者文化に迫ります。
    「この人」では、ハマの芸者が愛したコーヒーの味を60年近くも守る純喫茶のマスターを取り上げました。

    目次
    04 市民酒場を語る⑧  
      芸者、演歌師、船乗りも訪れた。横浜日本橋を望む老舗(南区)
    12 回想コラム 思ひ出 市民酒場
    14 ヨコハマ・理想郷譚 八之章  
      お定さんが見た、関内花街と気高き芸妓の世界
    26 写真酒場 一枚の写真で呑む  (南区浦舟町) ~あの頃の市電、三吉橋停留所~
    30 はま太郎お取扱店 一覧
    31 はま太郎からのお知らせ色々!
    32 今夜の一本 外飲みも楽しいけど、家でシッポリもいいじゃない
      大塚由五郎商店(西区戸部町)~特別純米 濱の雫~
    34 かっちゃん先生の酩酊ツマミ道場 第5回 ~寒くても野菜は元気に育つ!~
    36 この人、亀田勝利(弘明寺 喫茶モカ店主)
      横浜日本橋の芸者も愛したハマのコーヒー
    42 猫見酒 山門前の猫(南区弘明寺町)
    44 オヤジ尾行 呑兵衛たちよ、酔ってる自分を狂おしいほど愛してみろ!
    50 阿部先生ならどうする? 酒にまつわるトラブル発生
      美人店主を無断撮影しFacebookで限定公開。美人店主から損害賠償を請求される?
    54 独り酒マエストロの書棚 斉藤 猫綱
    56 酩酊編集後記/編集部セレクト こんなの見つけた、気になるよ~

© 2013-2019  SEIYOSHA

  • Instagram
  • facebook
  • Twitter Clean