横浜のどこかで大好きなあの子が待っている。横浜で大人気のキャラクターが絵本になりました。

「横浜のバンクシー」こと「のげやまくん」。横浜は野毛山に住む男の子です。

作者の正体は不明ですが、野毛山動物園を応援するために生まれた非公式のキャラクター。

「のげのげ」とのげやまくん語を話し、おともだちの「あーあくん」といつも一緒で、横浜が大好き。

市内の掲示板に謎のキャラクター「のげやまくん」ポスターが定期的に貼り出されるようになって2020年で11年目となりました。

その存在はじわじわと広まり、今や界隈では知らない人のいない愛すべき存在として認知されています。

本書は、2018年ののげやまくんの誕生日6月2日に刊行しました。

迷子のくまのぬいぐるみと一緒に、くまの持ち主「えりちゃん」を探して、

のげやまくんとあーあくんが横浜の町をめぐります。

 

地元横浜への愛着を育む1冊として、お子さんへのプレゼントにも喜ばれております。

 

※本書の売上の一部は野毛山動物園に寄付しております。

 

  • ISBN-13: 978-4990845971
  • 発売日: 2018/6/2
  • A5判変型、22頁、カラー

 

クリックポストにて発送

 

のげやまくん と くま

¥1,222価格

    © 2013-2020  SEIYOSHA

    • Instagram
    • facebook
    • Twitter Clean