横浜民衆文化誌「はま太郎」第7号。
A5変型・並製・60P・800円(税込)
送料:全国一律164円
【2000円以上お買い上げで送料無料!】
初版限定付録、ツヤプリポストカード付き!

はま太郎 第7号

¥800価格
  • 酒のツマミになる横浜民衆文化誌、垂涎の第7号!

    連載企画「市民酒場を語る」では、独り酒でも楽しめるふぐのメニューを求めて、横浜橋通商店街へ。
    「ヨコハマ理想郷譚」では白銀色の活字に魅せられた男の生き様に迫ります。

    ページからはほのかにインクの香りがします。製本用のミシン糸は黄土色。
    表紙の手触り、紙の風合い、インクの香りも酒のツマミとしてお楽しみください。

    目次
    04 市民酒場を語る⑦  
      冬だ、フグだ、市民酒場だ!(南区・西区)
    12 ヨコハマ・理想郷譚 七之章  
      白銀色の字面に心奪われた、吉野町の活字屋・榮之助
    22 ハマの職人の手仕事 築地活字の金属活字(南区吉野町)
    24 猫見酒 八幡町のオヤブン(南区八幡町)
    26 写真酒場 一枚の写真で呑む  (南区八幡町) ~グッピーのいた中村川~
    29 はま太郎からのお知らせ色々!
    30 今夜の一本 外飲みも楽しいけど、家でシッポリもいいじゃない
      元町愛知屋坪﨑商店(中区元町)~初しぼり純米吟醸原酒生 末廣~
    32 かっちゃん先生の酩酊ツマミ道場 第4回 ~冬は野菜が甘くなるってほんと!~
    34 映画屋 渋谷正一 場末の戯れ言  さよならだけが人生だ
    38 この人、石原清司(曙町 パブ・レストラン アポロ店主)
      リトル・ギリシャと狭かった港街
    44 オヤジ尾行 呑兵衛たちよ、滅入ることなかれ! 二度あることが三度あるとしても!
    50 阿部先生ならどうする? 酒にまつわるトラブル発生
      タクシーがルートを無視したため到着時間が遅れた場合、運賃支払い拒否できる?
    54 独り酒マエストロの書棚 干場安曇
    56 酩酊編集後記

© 2013-2019  SEIYOSHA

  • Instagram
  • facebook
  • Twitter Clean