横浜民衆文化誌「はま太郎」第3号
A5変型・並製・60P・800円(税込)
送料:全国一律164円
【2000円以上お買い上げで送料無料!】

はま太郎 第3号

¥800価格
  • 酒のツマミになる(かもしれない?)横浜民衆文化誌、充実の第3号!

    連載記事の内容を更に充実させました。税込で800円。お求めやすくなりました!
    印刷会社はレトロ印刷 JAM。ページからはほのかにインクの香りがします。
    製本用のミシン糸には、表紙の右隅に咲いているすみれ色。
    表紙の手触り、紙の風合い、インクの香りも酒のツマミとしてお楽しみください。

    目次
    04 市民酒場を語る③
     「市民酒場」と「ふぐ協会」の知られざる関係
    14 犬見酒 三河屋(保土ケ谷)
    17 写真酒場 一枚の写真で呑む
     世界の銘酒 KATOH~野毛小路の昭和30年代~
    20 ヨコハマ・理想郷譚 三之章
     明治時代初期、横浜の名医に右脚を与えられた立女形
    31 はま太郎取扱店
    32 今夜の一本 外飲みも楽しいけど、家でシッポリもいいじゃない
     世界の銘酒 KATOH~イチローズモルト&グレーン~
    35 はま太郎編集部からのお知らせ色々!
    36 映画屋 渋谷正一 場末の戯れ言 『中村錦之助・股旅三部作』
    40 この人、高橋一力(一石屋酒店 四代目店主)
     顔の見える銘酒にこだわり続ける男
    46 オヤジ尾行
     呑兵衛たちよ! パンチパーマでハマチャチャを踊れ!
    52 阿部先生ならどうする? 酒にまつわるトラブル発生
     鍵制の共同トイレを無断で借りたら犯罪者扱いをされてしまった!
    56 酩酊編集後記
    57 妖怪図鑑

© 2013-2019  SEIYOSHA

  • Instagram
  • facebook
  • Twitter Clean