めご太郎第二巻 特集「八戸・小中野遊廓を歩く」


めご太郎第二巻、見どころのひとつ、八戸市「小中野遊廓を歩く」。前巻の青森市柳原遊廓の特集に引き続き、みなとまちの多い青森県に発展した遊廓の歴史を追いました。 街の経済発展を支えてきた大繁華街の栄華を振り返ると、今見る景色が意味するもの、その尊さに触れることができます。 小中野遊廓の特徴は「娼妓と楼主が養親・養女の関係で結ばれていたこと」など。 ならではの文化が興味深い土地でした。 現在は旅館として営まれている明治創業の元妓楼(貸し座敷)に宿泊し、女将さんにもお話を伺いました。建物は登録有形文化財に指定されています。

 #めご太郎 ⠀ #めご太郎第二巻 12月刊行 予約受付中!⠀ #青森県#めご太郎第2巻 


57回の閲覧

© 2013-2020  SEIYOSHA

  • Instagram
  • facebook
  • Twitter Clean