「わが日常茶飯」刊行記念日と中原さんの命日

昨日アップするはずでしたが、1日遅れで…。



昨日6/20は、鎌倉の古書の買える立ち飲み屋 #ヒグラシ文庫 の創業者・中原蒼二さんの命日であり、また、彼の著書である #わが日常茶飯 (星羊社刊行)の刊行記念日でもありました。




ヒグラシ文庫は中原さん亡きあとも、その精神を受け継ぎ、現在も営業しています。



アングラ劇団水族館劇場の制作代表という顔も持ち、北九州市の情報誌 #雲のうえ の立ち上げにも携わった。

異色の経歴を持つ立ち飲み屋店主、中原さんの酒肴クロニクル。

ヒグラシ文庫の原点について、若かりし頃に味わったあの店の思い出の味、伝説の名店の店主からこっそり教えてもらった酒肴の作り方、ヒグラシ文庫名物正統レモンサワーの配合など、エッセイとともに綴られます。




折込付録として、帯にコメントをくださった #瀬尾幸子 さん #牧野伊三夫 さん #大竹聡 さん #遠藤哲夫 さん #南陀楼綾繁 さん #鈴木常吉 さんのショートコラム「中原さんちの卓袱台を囲む」が付属。






弊社にとっては出版社として大きく成長するきっかけとなった思い入れの深い一冊です。



星羊社刊行

2018年6月20日

写真: #有高唯之

0回の閲覧

© 2013-2020  SEIYOSHA

  • Instagram
  • facebook
  • Twitter Clean