December 21, 2019

帰省するつもりで訪れる青森県「めご太郎」第二巻。

今回も冒頭と最後の〆の記事をどのように構成するか悩んだのですが、第一巻同様、しょっぱなに「夕べはあずましいカウンターで」(酒場紀行記事)を掲載。
さらに今回の締めくくりも青森県在住のコラムニスト、オラシオさんの記事で構成しました。

オラシオさんは奇特なNターン族(関西で生まれ育ったのち、青森に移り住むも、いったん青森を離れ、再び青森に戻ってきたパターン)として、青森に住んで約20年。
外側からそして内側から見た青森。独自の視点を持ち合わせた、ならではのコラムを寄せてくださ...

December 15, 2019

前巻の刊行から約2年。
おかげさまで、無事刊行日を迎えることができました。
たった2年ではありますが、青森のより深くまでを学ぶことができ、
また編集面でも少しばかり成長ができたように思います。
満を持して、今回の刊行につながりました。


取材先の皆様、ご購入者様、取扱店様、ご執筆者皆様、ご協力くださった全ての皆様に、心からお礼申し上げます。


さて、現在amazonで品切れ中との報。
嬉しい悲鳴ではありますがご迷惑をお掛けいたします。
追加納品でき次第お知らせいたします。

また、星羊社公式HP通販にて「めご太郎」第二巻ご予約特典キャン...

December 9, 2019

めご太郎第二巻、八戸市小中野遊廓の歴史特集については先日告知しましたが、

実は八戸出身の執筆者、大谷能生さんは小中野育ち。

曽祖父の時代には花街で銭湯を営んでいたそう。

そんなわけで、大谷さんが書いて下さったエッセイは昭和50年代の記憶が私小説として綴られています。

December 9, 2019

最近ブラタモリでよく耳にする「アンキョ」。
暗渠とは、かつて水路や川があった場所のこと。

 
暗渠をたどる町歩きの醍醐味は、かつてあった町の姿が浮き上がってくることで、歴史や文化の跡が垣間見えることでしょう。

めご太郎第二巻では、暗渠マニアックスのふたりが青森市の暗渠を歩きます。

旅先での暗渠散策の魅力を綴ってくれたのは髙山さん。
 

そして、吉村さんは、三内丸山遺跡の暗渠を歩き縄文人たちの生活ぶりにスポットをあててくれました。

自家源泉を持つ銭湯の多い青森。銭湯は排水の利便性の関係で川辺あるいは元川だった場所に建てられること...

December 5, 2019

『めご太郎』第二巻の刊行にあわせ横浜市中区伊勢佐木町の星羊社Annexにてプチマルシェを開催致します。


この度、『めご太郎』に掲載した青森ゆかりの品々を取り寄せました。

地元出版社のコアな地域情報誌、コーヒー文化の色濃い青森で活動する焙煎士のドリップパック、津軽200年の歴史を誇る土人形の招き猫、地元陶芸家の郷土愛に溢れた作品、編集部が買い集めたお土産…。

↑ 津軽200年の歴史を誇る、下川原焼土人形(鳩笛や招き猫など取り寄せました)

 ↑青森市三内丸山にあるふじわら陶房さんの青森県箸置き。美しく焼き上げてくれました。

ブローチや帯留めにア...

November 27, 2019

お待たせいたしました。

青森地域本『めご太郎 第二巻』が12月15日刊行となりました。

発売に先立ち、公式HP通販限定で特典セット付きのご予約を開始致します。

セット価格 2,000円

★特典内容★

①『めご太郎』第二巻 1冊

②『アオモリ温泉兄弟』フェイスタオル 1枚

③送料無料サービス

めご太郎第二巻の企画概要と、ご予約特典の詳細はこちらから➡★★

発送は12月12日ころより開始致します。

※特典セットには数に限りがございます。タオルがなくなり次第終了となりますのでご了承ください。

May 27, 2018

成田本店(本社・青森市)が開催している、「第1回ナリホン大賞」の一般投票が現在青森県内の成田本店にて行われております。

青森県ゆかりの書籍の中から社内投票で選ばれた上位12冊を「ノミネート作品」のなかに、弊社刊行の『めご太郎』が選出されており、現在、各店舗にて一般のお客様の投票を受付中です!

『めご太郎』で取材した「グラフ青森」さんの『青森のおいしい12か月』などもノミネートされております。

お店に足を運んだ際は、是非ともよろしくお願い申し上げます。

投票は12018年5月末まで。

ナリホン大賞についての東奥日報の記事はこちら➡★★

April 6, 2018

横浜の市民酒場で青森の地酒と酒肴を楽しもう!

『めご太郎』の刊行を記念して、4月11日(水)より、市民酒場・常盤木で「青森地酒ナイト」を開催いたします。


期間中、市民酒場・常盤木で青森の地酒を注文された方のうち、『めご太郎』を持参の方、または常盤木で『めご太郎』をご購入の方に特製「めご太郎×市民酒場」缶バッジをプレゼント!

青森の地酒は『めご太郎』掲載店でも提供される「じょっぱり」、「亀吉」、「八仙」。
酒肴は「ほや」、「ほや塩辛」、「タコとんび」。

青森と横浜は、両市とも港町として発展してきたという歴史があります。そしてどちらに...

February 27, 2018

定価:1111円+税

判型:A5判並製

頁数:128ページ

刊行日:2017年11月30日

ISBN 978-4-9908459-5-7

【弊社と直取引で納品しているお取扱店】2017年12月15日現在

・成田本店【書店】青森県

・古書らせん堂【古書店】青森市古川

・三ノ月舎【雑貨店】青森市柳川

・八戸ブックセンター【書店】 八戸市大字六日町

・古書ほうろう【古書店】 東京都文京区千駄木

・カストリ書房【書店】 東京都台東区千束

・有隣堂 伊勢佐木町本店【書店】神奈川県横浜市中区伊勢佐木町

・高橋書店【書店】神奈川県横浜市中区元町

・黄金町アートブックバザール...

January 30, 2018

※今回の記事は『めご太郎』からの転載記事となります。

青森県弘前市にて故・高橋彰一氏が創設した出版社「津軽書房」。

高橋氏が亡くなり、在庫販売中心の活動が続いていたと思われた同社だが、この数年で復刊本から、写真集『棟方志功の原風景』 (2015/長部日出雄)、『青函連絡船の人びと』(2016/本橋成一)などの新刊本までを刊行している。
 

『そらとぶこぎん』創刊号 写真右

そんななか創刊したのが、津軽に伝わる刺し子「こぎん刺し」と、それに寄り添って生きる人たちにスポットを当てた小冊子『そらとぶこぎん』。

江戸時代、木綿を着ることを許されなか...

Please reload

Recent Posts
Please reload

Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
RSS Feed

© 2013-2019  SEIYOSHA

  • Instagram
  • facebook
  • Twitter Clean